オフショア開発・保守龙8国际老虎机_龙8娱乐网址-long8龙8国际

  • ソフトウエア開発保守支援龙8国际老虎机_龙8娱乐网址-long8龙8国际
  • ▋ ソフトウエア開発
  • ▋生産管理開発・運用保守
  • ▋RPA導入
  • ▋組込開発
  • オフショア開発・保守龙8国际老虎机_龙8娱乐网址-long8龙8国际
  • ▋オフショア開発管理龙8国际老虎机_龙8娱乐网址-long8龙8国际
  • ▋品質管理手法
  • ▋保有技術
  • ITシステムライフサイクルサポート龙8国际老虎机_龙8娱乐网址-long8龙8国际
  • ▋設計構築
  • ▋課題抽出・要件定義
  • ▋配備・運用・最適化
  • お問合せ

  • 〒 111-0043
  • 東京都台東区駒方2-4-11
  • ヨシクニ駒形ビル 5F
  • 電話: 81-3-5806-1921
  • FAX: 81-3-5806-1922
  • Email: info@rayoo.co.jp

  • 品質管理手法


    品質マネジメントはプロジェクトにおけるプロセスや成果物の品質を高める活動です。

    品質を担保するためには、品質基準や検査項目を定め、計画を立てパフォーマンスの測定・検証し、改善を実行することが必要です。成果物だけでなく、プロセスの品質もその対象範囲にします。

    プロセスに問題があると、新たな問題を引きおこすので、原因を突き詰め、対策を実行することが、品質を高めるために特に有効です。

    このような考えのもと、龙8国际老虎机グループで行っている品質管理を紹介いたします。


      (1)プロジェクトリスクの把握とリスク対応

               プロジェクト活動において、全体のリスクを想定し、発生したリスクに対して迅速に対応していくことが、重要です。
        そのために、実行前に実施計画書を作成し、関係者で共有することが必要となります。実施計画書には、PJの目的、作業
        内容、作業工程、作業日程、納期、活動体制、費用、リスク対策等の情報が記載され、PJ全体を総括したものとなります。

             関係者は、この計画書に沿ってPJが進んでいるかを管理・確認するのですが、実施計画書があいまいだと、関係者
        の主観で物事を判断しがちになり、実態と異なる判断をするリスクが発生します。

             したがって、このリスクを防止するためには、客観的な判断を下せるように、

                     ①実行計画を適切なレベルで具体的に作成しておくこと、

                     ②客観的に判断するためのポイント、判断基準を決めておくこと、

                     ③実際に客観的なデータである数値情報を集めて判断するということを準備・実行していく必要があります。

                        このために、龙8国际老虎机グループでは、

                     ④活動データの見える化(可視化)、

                     ⑤データを使って計画の進捗、成果物の品質を判断する、

                     ⑥判断した内容を実行プロセスにフィードバックし、品質を確保する活動を実行しています。

     

      (2)可視化のツール

            ツールを活用することによって、PJの各種データは一元的に管理され、関係者やPJメンバーは、Webブラウザを
         使って、情報をタイムリーに登録・修正したり、状況を把握したりすることが可能となります。

              一元化されている情報は、

            ・PJチームやメンバーが実行すべきタスク、

            ・着手したタスクの進捗状況、

            ・過去に行われた作業の履歴

             などです。

             ①各タスクは「チケット」と呼ばれる単位で管理され、この中にタスク内容や担当者、開始日、納期、優先度などが記載
                されている。

             ②担当者は割り当てられたチケットに記された作業を実施していく。

             ③各チケットの状況は表やガントチャートなどの形式で一覧化することができる。

             ④Q&Aの結果や実際の不具合発生状況・件数なども投入する。

     

        この一元化された情報を、開発者、プロジェクトマネージャ、品質マネージャ、PJ管理者が、それぞれの立場で、
        準備された評価基準により、問題となる事象を抽出し、対策を関係者間で協議し、対策を実行しています。

     

      (3)開発品質把握と改善のための自動化導入

              品質管理を効率的に進めるため、自動化の考え方を取り入れています。

       ①チケットの自動発行:WBS情報から、事前に設定された条件により、発行

                  不足分・変更分を人間系で補完する。 

          効果:・作業者の作業効率が向上する

                                        ・チケットの作成忘れ防止

                                        ・作成内容不備等が防止

                        結果、管理の正確性が向上する。

     

              ②個人ごとのパフォーマンス評価の自動計算

                 業務のアサイン、要員計画などに反映することが可能となる。

                 過去の兵十データと個人の作業データを使って、パフォーマンスの解析、改善予測などの分析に活用する。

      

             また、報告内容はテンプレート化しておくことにより、報告レベルの均一化が図れ、関係者のPJに対する認識の共通化
             にも役立つ。

     

       (4) 品質管理プロセスの継続的な改善

                   品質管理をうまく進めるためには、常に対象となるPJの状況を判断し、問題が小さいうちに対応策を打つことにより、正常状態に早く戻す管理が必要となる。

                   プロジェクト内で、

                        ①日常点検で行うことを決め、

                        ②週単位で行う報告内容・状態共有・傾向予測・行動予測を決め、

                        ③リスク予測を必ず行うようにし、

                        ④それらの状況を踏まえ、必要であれば、課題解決への対策や、要員調整などを

                            行い、状況フォローを行う。

                        ⑤これらのフォローを週単位でやること、月単位でやることを、事前にPJ計画書で決めておく。

                        ⑥プロジェクト完了まで、継続的に実行する

                        以上のことを定常的に実行することで、品質の維持管理、対応の迅速化を

                        実現している。

     

    以上